増えるガラス修理|長く持ち続けたいならiphoneバッテリー交換を定期的にする

長く持ち続けたいならiphoneバッテリー交換を定期的にする

作業員

増えるガラス修理

スマートフォン

高額な修理費用

アップルのiphone6発売以降、落としてガラスにひびが入ってしまったり割れてしまうという事故が多くなっています。メーカーや修理業者でもガラス修理を持ち込まれる事が増えているようです。iphone6からサイズがかなり大きくなったのがその原因のようです。iphone6が割れないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。保護シートを貼る方は多いですがシートを貼っていても割れる場合が多いので、ケースを付けて保護するのがお勧めです。因みにiphone6のガラス修理はメーカー修理なら保証がない場合には32400円掛かりますのでかなりの出費になります。ケースを付ける事で割れないのなら購入するのが良いでしょう。

耐衝撃仕様

割れないケースとはどのような物なのでしょうか。ケースの調査によると耐衝撃ケースというものは数種類あり、落下の衝撃にダメージを受けやすいコーナーにバンパーを付ける事で落としても安心な割れないケースがあります。飛行機に使用されるアルミニウム鋼材を使い、本体に触れる部分にはポリカーボネイトを使って衝撃を和らげるという製品もありました。またレジャーなどに使えるバッテリー付きの耐衝撃ケースもあります。メーカーでも需要が見込まれると想定していて耐衝撃と名の付くケースをいくつか販売しています。かなりごつい物もあるので厚みやデザインや仕様などから選ぶのが良いでしょう。iphone6を守るのなら耐衝撃ケースがお勧めです。